読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

01:SpeedMaster A828-6000×東大本郷

f:id:ryokuji:20161024025644j:plain

全国134の都市を対象にした

《魅力的な街の指標

センシュアス シティ ランキング》

とやらの発表で、見事1位に輝いたのが

文京区。

 

住んでる身としては…とりあえず嬉しいです。

 

なんでも

《治安》《交通》《教育》《医療》《芸術》

に強いんだとか。

 そう言われてみれば…そんな感じかな…と。

 

 《物価高》《急勾配》っつうデメリットも

ありますけど…

おおむね住み心地の良さには満足してます。

 

 個人的には、文京区は…

《出版社が近いから打ち合わせし易い》

っていうのがデカイです。

 

国内の出版社の ほとんどが文京区か

その界隈に集中してるみたいなので…

大抵の出版社は徒歩圏内です。

 

自分はですね…

出版社に足を運ぶのが好きなんです。

各出版社のニオイの違いを楽しめたり…

程好く初心モードになれるので。

 

…まぁ
『売れてもいないのに…忙しい担当を

 こっちに来させるのは気が引ける』

ってのも正直あります。

 

 あと

《360度プラッと歩くと いろんな所に着く》!

…これも文京区の魅力ですね。

 

 文京区自体は

わりと閑静なんですが、

自分が今 住んでいる場所からだと

徒歩20~40分圏内に


《巣鴨》《谷根千》《上野》《秋葉原》

《御茶ノ水》《神保町》《九段下》

《飯田橋》《神楽坂》がグルッと囲うように

点在してるワケです…。

 

 その気になれば

《日本橋》《浅草》《池袋》

《荒川河川敷》《皇居》といった

メジャースポットにも電車を使わず行けます。

 

 〆切に追われる中…

歩いてリフレッシュしたい時、

ちょっとサイクリングしたい時、

とりあえずの目的地を その時の気分で選べる。

目的地がマンネリ化しない。

 

これって こもりがちな仕事をしている

自分にとっては結構ゼイタクと言うか…

有り難いんです。

 

ちゃちゃっと徒歩5分圏内で

リフレッシュ出来る場所も

いくつかありますけど…。

 そうなると やっぱ一番ありがたいのは

《東京大学》ですかね。

f:id:ryokuji:20161024025728j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027162322j:plain

 ま~緑が多くて…

f:id:ryokuji:20161027164854j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027163119j:plain

 空気を美味しく感じるし…

f:id:ryokuji:20161027162439j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027162402j:plain

 同潤館ばりにシブくてカッコイイ校舎が…

f:id:ryokuji:20161027162503j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027162519j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027162532j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027162534j:plain

 ドドンと…

f:id:ryokuji:20161027162537j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027162701j:plain

 建ち並んでいるし…

f:id:ryokuji:20161027162830j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027162840j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027162859j:plain

 そのわりには やたら空が近いし…

f:id:ryokuji:20161027162633j:plain

 巨大な池に行けば…

f:id:ryokuji:20161027164036j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027163106j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027163016j:plain

 いろんな生き物が見られますし…

f:id:ryokuji:20161027164110j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027164121j:plain

 ( ↑ カエル…3匹います)

f:id:ryokuji:20161027164810j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027164812j:plain

 学食は安いし…

f:id:ryokuji:20161027164826j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027164828j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027164831j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027164857j:plain

 目障りなDQNはいないし…

 (ってゆうか そもそも人が少ない…)

 

文句無く癒されますね。

f:id:ryokuji:20161027164823j:plain

 ↑ ここは定期的にイベントを開催してます。

 外科手術の疑似体験とか…。

f:id:ryokuji:20161027164834j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027164840j:plain

↑ こんな営みもあるんですね…。

史料を後世に伝える営み…ゴクリ…。

 

↓ 東京大学の研究活動から生まれた商品や

 オフィシャルグッズを…

f:id:ryokuji:20161027164851j:plain

 こんな風に売っている…

コ洒落た売店UTCC。 ↓

f:id:ryokuji:20161027164844j:plain

 ↓ これを…

f:id:ryokuji:20161027164847j:plain

 こう開けて飲むのは確かに結構

 体力を使います。

 接着が強過ぎ…↓

f:id:ryokuji:20161027164837j:plain

 また別の売店。 ↓ 地下にあるんですよ。

f:id:ryokuji:20161027164906j:plain

 …広々とした店内。画材が充実。ありがたや。

f:id:ryokuji:20161027164904j:plain

 ↓ んでもって ご存知 東大の病院。

f:id:ryokuji:20161027164819j:plain

 皇族の方とか…有名人が入院すると

 報道カメラマンがブワーッとカメラ片手に

 集結して物々しい雰囲気になります。

f:id:ryokuji:20161027164816j:plain

 ↑ この病院…もう壁面のデザインからして

 《そこらの病院とは違うんじゃよ》って

 貫禄がダダ漏れしてます。

 

 本当…どの建物もカッコイイ。

 外観だけてなく内部も…こう…

 昔にタイムスリップしたかのような

 レトロっぷり。

f:id:ryokuji:20161027172426j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027172430j:plain

↑ この地下にある…

f:id:ryokuji:20161111213104j:plain

↑ こっちの食堂のほうが さきほど紹介した

中央食堂より清潔感があって

飯も心なしか美味い…かな。

f:id:ryokuji:20161027172434j:plain

 

f:id:ryokuji:20161027172441j:plain

 ↓ 海底地震計と…

f:id:ryokuji:20161027172755j:plain

 ↓ 波形記録装置に…

f:id:ryokuji:20161027172758j:plain

 囲まれてベンチで まったりできるのも

 何気にゼイタク…ですかね。

f:id:ryokuji:20161027172840j:plain

 自分は  ↑ ここではなく

 安田講堂前のベンチに腰掛けて

ボ~っとネームを考えたりしてます。

 

ヒくほど写真撮影を頼まれますけど。

 

 今回は

そんな最強の癒しスポットである東大で、

我が愛しのレトロウォッチをパシャリ。

f:id:ryokuji:20161024025824j:plain

 指が杉下右京ばりに短い…。

水谷豊も指が短いんですよ!

だからなんだって話ですけど…。

f:id:ryokuji:20161024025855j:plain

 

f:id:ryokuji:20161024025913j:plain

 

f:id:ryokuji:20161024030227j:plain

 

f:id:ryokuji:20161024030222j:plain

 《SpeedMaster A828-6000》。

日本が誇るセイコー電子工業が1983年に

発売した腕時計です。

 

 ファミコンが登場した年、こんなシブい腕時計も

登場していたんですよ皆さん。

 

 この腕時計は本当にレアで…

海外のオークションサイトを

2年間 張り込んでも1品 出るか出ないか

って代物です。

結局 入手したのは国内でしたけど。

国際送料と関税が浮いたとはいえ

もうね…ブツブツ…。

 

 これをゲットした時は興奮のあまり

ザ・フライって映画の

ハエ化してく主人公みたいにケポッと

胃液を吐いてしまいましたとさ。

 

 え~と…説明文を読むと

モードの変更は

ベゼルを回転させて行うそうです。

 

モータースポーツに対応する為

タキメーター機能を

充実させているそうです。

 

 その手の よくある機能は個人的には

どうでもいいんですけど…

f:id:ryokuji:20161024030226j:plain

 

f:id:ryokuji:20161024030240j:plain

 

f:id:ryokuji:20161024030237j:plain

服の上からでも装着できるように

ベルトをワンタッチで

取り外せる世界初の機能と、

右上のネジをカチカチ回して

ベルトの長さを調節できる世界初の機能は…

冷笑的って言うんですかね…痺れます。

 

あ…ベルトを取り外した写真も

撮っておけば良かったですね。

 まいっか。

 

レトロウォッチに痺れるポイントは

一にも二にも

その《珍妙なデザイン》、です。

 

…が

 

 こういう、今の時代からすれば

はっきりいって

あってもなくてもいい機能を…

当時の技術者・デザイナーは

「なんとか腕時計という

 小さめの世界にブッこんでみせる」

って挑んでたんですよね…

「結果こんなデザインのが出来たぞ」って。

 マジで。

 

上っ面とは言え…そういうストーリーを

調べて知る程に、

そういった開拓者精神にも痺れました。

 

他にも この手のレトロウォッチを

40個ほど所有してるので、

あとあと紹介していくつもりですが…

 

テレビウォッチとか、

ピアノウォッチとか、

心拍数計測ウォッチとか、

電卓ウォッチとか、

メトロノームウォッチとか、

視覚障害者用ウォッチとか…

 

痺れませんか?

 

レトロウォッチ収集という趣味が

無かった頃の自分は…

 

「スマホがあれば充分…腕時計は不要!」

 

 って周囲に言ってたんですが…

あれは やらかしたなぁと

ちょっぴり反省してます。

 

 その発言は正しいんですが…

特にエンターテイメントの世界で

生きてないのなら全然 話は別ですけど…


ぶっちゃけ つまんないんですよね。

 

「1+1=2だ」って わざわざ

言ってるようなもんですから…。

 

 「時間を確認するだけなら安い時計で充分」

 って発言も然り…

 

 聞いてる側は基本「そりゃそうだね」としか

返せない…つまり

 

《お話にならない》。

 

曲がりなりにも面白さを生業としてる以上

《腕時計不要論》を唱えるとしたって

もっと拾い甲斐のあるコメントを

用意しておくべきだったなぁって。

 

 あ…

 

 東大と《SpeedMaster A828-6000》には

なんの関係性もありません。なんか もう

そういうのはクッソ面倒なので。

 

『ここには この腕時計が合うな』

って なんとなく思ったってだけです。

 

レトロウォッチってネットで山ほど

目にするんですが、

だいたいが室内で撮影された感じで…

《屋外での状態》の写真って

あんま無いんですよね。

 

だったら自分が やってみようと

思っちゃったんですね これが。