13:RunnersTimeTrainer×根津神社

今回も長文なので、

お手透きの際にでも

ダラダラと読んで頂けたら…。

f:id:ryokuji:20170123000713j:plain

…紹介するのは《根津神社》。

f:id:ryokuji:20170122121434p:plain

1900年も歴史があるんだとか。

f:id:ryokuji:20170122193711j:plain

境内…ツツジの名所として有名ですけど、

個人的には

『なんか しょっちゅう祭りを開催してて

 屋台が出てる近所のトコ』、です。

f:id:ryokuji:20170122193748j:plain

森鴎外や夏目漱石といった、

日本を代表する文豪に因んだ旧跡も

残されているそうですが…

あんまピンと来ないです。

(小説は星新一のしか読まないんで…)

多分 この神社の近所に

住んでたんでしょうね、

その文豪が。

f:id:ryokuji:20170122193932j:plain

境内の中には

国の重要文化財にもなってる

社殿があるみたいですが、

そのワリには

結構 警備がユルめの印象。

f:id:ryokuji:20170122193904j:plain

こんな ↑

ロゼッタストーン的価値がありそうな

ベンチも無造作に置かれてますし。

f:id:ryokuji:20170122194248j:plain

撮影時は晴天の休日だったんで

まぁまぁ参拝者がいましたが、

平日の早朝なんて

誰もいませんから、

手薄感 半端ナイです。

 

良く言えば幻想的。

f:id:ryokuji:20170122194327j:plain

早朝でも、6時半くらいになると

どこからともなく老人が

ジャージ姿で集結します。無言で。

で、

境内の中にある池を囲うように

ラジオ体操を始めるんです。

結構な大音量で。

f:id:ryokuji:20170122194204j:plain

以前

そんな《地域の暗黙ルール》を

知らなかったせいで、

痛い目に遭いました。

f:id:ryokuji:20170122194418j:plain

ある日の早朝、

誰もいない境内の…

池に架かる小さなアーチ状の橋の上で、

橋の手すりに両手を付いて

しばらく亀の生態を観察してたんです。

『亀みたいな生活はヤダなぁ

 長寿なのはイイけども…』とか…

イヤホンで音楽 聴きながら。

( ↓ 写真中央左の橋)

f:id:ryokuji:20170122193831j:plain

そしたら突如ラジオ体操の大音量…。

 

ふと我に返り、

恐る恐る周囲をチラ見すると…

40人ほどの爺さん婆さんが

橋の上の俺を囲いながら

みんな とびきりの無表情で

両腕を回したりしてるワケですよ。

 

なんか もう、亀以上に

動けなくなっちゃって。

 

『動いたら負けだ!

 俺だって一応 区に納税

 ちゃんとしてるし!

 移動しないで何が悪い!』

って言う

空港建設反対派的な意地と、

 

『慌てて その場を立ち去ったら

 逆に目立つ…

 事態が終息するまで ひたすら

 モブに徹しよう』

って言う…

ACジャパンのCMに登場する

《今時の受動的な若人》的な感性が

働いちゃいまして。

 

その時ヘビロテで聴いてたのが

Suchmosの【STAY TUNE】

www.youtube.comだったんですけど…

もう このオシャレなサウンドが

全然オシャレに

思えなくなっちゃいました…。

亀・無表情の老人集団・ラジオ体操

が よみがえっちゃって。

お気に入りだったのに。

f:id:ryokuji:20170122194743j:plain

 ↑ こういったベンチは要注意です。

境内で犬 散歩させてる人達の中に、

平気でベンチに小便させてるヤツ

いっぱい見てますから。

f:id:ryokuji:20170122195004j:plain

写真右下に犬が。

この犬は関係ない…と信じたい。

f:id:ryokuji:20170122195226j:plain

撮り貯めた写真、

いくつか載せます。 ↓

f:id:ryokuji:20170122195228j:plain

 

f:id:ryokuji:20170122195234j:plain

 

f:id:ryokuji:20170122195236j:plain

 

f:id:ryokuji:20170122195237j:plain

 

f:id:ryokuji:20170122195241j:plain

 

f:id:ryokuji:20170122195248j:plain

 

f:id:ryokuji:20170122195244j:plain

 

f:id:ryokuji:20170122195254j:plain

 

f:id:ryokuji:20170122195252j:plain

 

f:id:ryokuji:20170122195247j:plain

 

《 A826-6019》

ランナーズ タイムトレーナー。

f:id:ryokuji:20170120155912j:plain

別名

《Training Timer》。

f:id:ryokuji:20170120155951j:plain

側面は こんな感じ。 ↓

f:id:ryokuji:20170120165132j:plain

裏蓋は こんな感じ。  ↓

f:id:ryokuji:20170120165202j:plain

セイコーが1983年に世に送り出した

名作です。( ↓ 一番右の)

f:id:ryokuji:20170120160413j:plain

 ↑ カタログの右から2番目の腕時計も

所有してます。いずれ紹介します。 

f:id:ryokuji:20170120160034j:plain

発売当時の金額は…

いくら調べても出てきませんね。

f:id:ryokuji:20170120162350j:plain

カタログだと$95〜$295

と表記されてるので…

f:id:ryokuji:20170120165307j:plain

2017 1月現在の為替レートだと

安くても約10800円、

高くても約33800円だったようですね。

f:id:ryokuji:20170120162505j:plain

1985年 公開の大ヒット映画

【バック・トゥ・ザ・フューチャー】

で、

ドク博士が愛用していたので…

f:id:ryokuji:20170120160134j:plain

f:id:ryokuji:20170120160309p:plain

f:id:ryokuji:20170120160311p:plain

2017年現在でも、

海外のネットオークションでは

セラーが ↓ こんな具合に

f:id:ryokuji:20170120151925p:plain

「バック・トゥ・ザ・フューチャーの

 ファンも いらっしゃい~」ってな感じで

タイトルに

Back to the Futureって文字を

入れて出品してます。

f:id:ryokuji:20170120160347j:plain

それにしても

このオークション…

f:id:ryokuji:20170120152507p:plain

特徴的な《取り外せるヒモボタン》

欠損状態だというのに

36000円ってのは高い気が。

f:id:ryokuji:20170120162608j:plain

このヒモボタン、

Velcroストラップ》とか

《着脱式タイミングトリガーケーブル》とか

《リモートサムトリガーケーブル》とか…

f:id:ryokuji:20170120162653j:plain

いろんな名称で

海外の愛好家に親しまれている

みたいですよ。

f:id:ryokuji:20170120162747j:plain

気分は吉良吉影。カチッ。

f:id:ryokuji:20170120162900j:plain

ストップウォッチのボタンを

アナログカメラのシャッターケーブルと

同じ原理…ワイヤーの押す力で操作する

と言う、

デジタルなのかアナログなのか…な

この操作性が たまらないんです。

f:id:ryokuji:20170120163047j:plain

《人気映画に登場》…

そう言った一つのブランド、

付加価値を得た腕時計を

俺みたいな素人が落札するのは

結構 大変だなって印象を

落札時に受けました。

f:id:ryokuji:20170120162942j:plain

他の腕時計とは違い、

オークションでの価格が

国内外問わず

頻繁に乱高下しているような…

f:id:ryokuji:20170120163226j:plain

ある時期は2万円台 ↓

f:id:ryokuji:20170120155324p:plain

別の時期には同じ状態のが

6万円台  ↓

f:id:ryokuji:20170120155208p:plain

多分ですが、

【バック・トゥ・ザ・フューチャー】が

どっかの国で再放送されたり、

時を経て続編が公開する~なんて

情報が回ったり、

出演者が何か話題になったりすると…

あらためて市場での

その映画の熱が一気に上がって

即決額も上がってくのでは

ないでしょうかね。株みたく。

 

違うのかな…。

f:id:ryokuji:20170120163313j:plain

 ベルトは純正です。

f:id:ryokuji:20170120163347j:plain

このマジックテープのような素材…

なんだかホコリっぽいんですが、

これは取れないんです。

ホコリじゃなくて…恐らくは

コーティング剤の色素が経年劣化で

黄ばんでるだけなので。

f:id:ryokuji:20170120163632j:plain

ベルトは皮製のカッコイイのにしようか

悩みました。けど、こんな風に  ↓

f:id:ryokuji:20170120164207j:plain

 厚手の上着の上にも

チャチャっと装着可能なのは

ありがたいんで純正でOKかなと。

f:id:ryokuji:20170120164328j:plain

 普段使いで こんな ↑ 

プラ~ンとしたのがあったら邪魔ですが、

前述したように…

f:id:ryokuji:20170120164512j:plain

このケーブルは…

f:id:ryokuji:20170120164547j:plain

こうやって…

f:id:ryokuji:20170120164613j:plain

取り外せるので便利!

…ん…便利?

…まぁいいか。

f:id:ryokuji:20170120164725j:plain

ただ、個人的には

ケーブルが無い状態だと

魅力半減なので…

f:id:ryokuji:20170120164835j:plain

やっぱ こうして使いたいですね。 ↓

f:id:ryokuji:20170120164915j:plain

 う~ん…

f:id:ryokuji:20170120164957j:plain

しっかし どう考えても邪魔w

f:id:ryokuji:20170120165027j:plain

話は また変わりますが、

年末年始…だいぶ いろんな

漫画家さんと お話できまして…

その時の感想をココで語ろうかな。と。

 

《ふなつかずき師匠の元アシ仲間》で

同い年の

いわや晃先生

シノギゴロシ?闇稼業仕置人? 1 (チャンピオンREDコミックス)

シノギゴロシ?闇稼業仕置人? 1 (チャンピオンREDコミックス)

 

 神崎裕也先生

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ― 1巻 (バンチコミックス)

ウロボロス―警察ヲ裁クハ我ニアリ― 1巻 (バンチコミックス)

 
不能犯 1 (ヤングジャンプコミックス)

不能犯 1 (ヤングジャンプコミックス)

 

と、飲んだ時にですね…

神崎先生が こう発言したんですよ。

(まぁ要約するんで

 ある程度 脚色 入りますけど)

 「いろんな漫画家志望の若い子を

 それなりに見てきたけど、

 プロになれないコと

 プロになれるコとの違いは

 《無駄で厄介な痕跡》にありそう…」と。

別に偉そうに語っていたワケでも

カッコつけて語ってたワケでもナイので

その点はご了承を。

 

簡単な手書きのメッセージ…

例えば

「ありがとうございました」の一文を、

その一文で終わらせるコと

その一文のアトに《不要な落書き》を

チャチャっと入れているコ…

どちらが表現者としての素質があるのか。

 

…そんな話をしてまして、

それには ひねくれモノの俺も

サスガに納得しました。

《無駄で厄介な痕跡》…。

 

思い起こせば…

デビュー前の鳴坂リン先生

クズでバカには二度と会わない (ビーボーイコミックスデラックス)

クズでバカには二度と会わない (ビーボーイコミックスデラックス)

 

は、

エレベーターで一緒になると よく

俺の乳首を服の上から触ってきました。

普通に乗り降りすりゃイイところを。

「なんで触るんだよwww」と毎回

ツッコむと、

「だって乳首 立ってません?」

と、ケロッとした表情で

応えてみせてました。

 

デビュー前の小独活先生

人狼ゲーム ビーストサイド 1 (バンブーコミックス)

人狼ゲーム ビーストサイド 1 (バンブーコミックス)

 

は、

肥満に悩む俺に

↓ これを送ってきました。

純製ラード(チューブ)200g

純製ラード(チューブ)200g

 

わりとマトモそうな

神崎裕也先生だって、

ふなつかずき師匠のアシをしていた頃、

職場の冷蔵庫と電子レンジの隙間に

菓子の袋を つめこむ

ナゾの習性がありまして…

それが師匠にバレて注意されて…

そのあと俺を見つめながら

「怒られちった///」

と照れ笑いしてました。

 

いわや晃先生だって、

画材をギターケースに入れて

移動してましたし。

ギター弾けないのにもかかわらず。

 

普通に こなせば良いところを

普通には こなさない…なるほど

《無駄で厄介な痕跡》か。

 

作品制作と平行して、

俺も もっと《無駄で厄介な痕跡》

遺していかないとなぁと

思いました。

 

そして誰かが《無駄で厄介な痕跡》

自分に披露してきた時に、

「その言動に なんの意味があんの?」

とか

「はいはい、ありきたりだね~」

っていう

オチョコな器量の返しじゃなくて

「その言動…面白いなぁ」って

言える側・感じ取れる側にも

なりたいですね。

 

この場で

ちゃんと語れないのが無念ですが…

菅原敬太先生

鉄民 : 1 (アクションコミックス)

鉄民 : 1 (アクションコミックス)

 
走馬灯株式会社 : 1 (アクションコミックス)

走馬灯株式会社 : 1 (アクションコミックス)

 

に、

とある お礼で

とあるブツをダマで

プレゼントしたんですね、

ソッチ系の滋養強壮剤的なアレです。

普通なら「なんなの?」ってところを…

「愛妻が喜びます!」って即 返しがきて、

『やっぱ上手いなぁ』と思いました。

 

 GOROMARUノート

を、

娘TYPEの編集長

娘TYPE 2017年1月号

娘TYPE 2017年1月号

 

 と、

 

美水かがみ先生

らき☆すた コミック 1-10巻セット (角川コミックス)

らき☆すた コミック 1-10巻セット (角川コミックス)

 
宮河家の空腹(1) 【前編】<宮河家の空腹 【分割版】> (カドカワデジタルコミックス)

宮河家の空腹(1) 【前編】<宮河家の空腹 【分割版】> (カドカワデジタルコミックス)

 

 にダマでプレゼントした時も、

「なんなの?」じゃなく

開口一番マジに感謝され

「あ~ありがとうございます!」

でしたから。

 

そういった、表現に携わる人の

《心の余裕》…

大事ですよね。

容量があるから

いろいろ入るんですもん…

スムーズに。

 

あと もう一つ感慨 深かったのが

《売れる・売れない》に対する

こだわり…ですね。

 

押切蓮介先生

ミスミソウ 完全版(上) (アクションコミックス)

ミスミソウ 完全版(上) (アクションコミックス)

 
ハイスコアガール CONTINUE(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)

ハイスコアガール CONTINUE(1) (ビッグガンガンコミックススーパー)

 

 に、

「あの作品 面白かった~」的な話を

したら…

「あれは売れなかった」と…。

 

押切蓮介先生だけでなく、

俺から見りゃ充分に

《売れている漫画家さん達》は、

《作品の内容等に関して》よりも

《なぜ売れたか?売れなかったか?》

の分析を理路整然と話される方が

多いような気がします。

「なんか」「なんとなく」といった

ハッタリくさい抽象的な感情論じゃなく、

シッカリと文章化された…

方程式を述べているかのような

言い回しで、

問題点と改善点を淡々と話す感じ…。

 まるで脳内に敏腕編集者を数人

雇っているかのような…

 

はぁ。

 

残念ながら俺には《それ》が…

つまり《商業的な見方をする力》が

あんま備わってません。

なんせ

『そもそも稼ぐのが目標なら

 なにも漫画活動なんつぅ

 大金を得るには不確実な

 水商売をするよりも…

 ちゃんと勉強して

 なんらかの難しい資格でも

 取得すりゃ良くね?』…とか、

そんな風に思ってしまってた時期が

長かったので。

 

当然、そんな考えが通用するほど

あまい世界では無かったんですよね~

コレが。

 

単行本・電子書籍が売れないと、

その情報が他の編集部にも

なんでか知らないけど知られちゃいます。

…となると

せっかくイイ感じの

連載用の漫画が出来ても

「数字 持ってないならダメ~…」って

トップに判断されたりで、

連載に至らなかったりして…

徐々に淘汰されてしまうワケです。

まぁそれで

自分だけがバカを見るという展開に

陥っていくんなら

まだマシなのかも知れませんが。

 

スカウトしてくれた担当さんに、

《打ち合わせしていた時間・努力が

 水泡に帰すっつう

 ご迷惑を おかけしてしまった》

というのを繰り返すたびに

『売れなくても描きたいものを

 描ければOK』なんてヌルイ思いは

消滅していきました。

 

今年は

《売れる》ってのを

意識して

活動していく

所存です。

 

ウザがられるの必至でしょうけど…

ジャンル問わず

いろんなタイプの《売れてる人》に

合って、

いろいろ吸収していきたいですね。

 

遅めですが新年の誓いってヤツです。