25:VoiceNote×郁文館夢学園

f:id:ryokuji:20171027054801j:plain

郁文館夢学園という

まるで

恋愛シュミレーションゲームの

舞台として登場しそうな名称の

学校があります。

f:id:ryokuji:20171027054852j:plain

詳細は不明ですが、

この学校の歴史は古くて…

夏目漱石の小説【吾輩は猫である】に

登場する落雲館中学校は、

当時 漱石の家の裏にあった

この郁文館がモデルだと

言われているんだそうです。

 

いや~…小説 全然わからんので

なんのこっちゃって感じですわ。

f:id:ryokuji:20171027055128j:plain

現在は あのワタミの創業者の

渡邉美樹さんが理事長を

務めているんだとか。

 

校内に入れた際、

そういった事情を知らずに

突如この肖像画が

視界に飛び込んできたので   ↓

一瞬『え!?なんでwww!?』

って笑っちゃいました。

f:id:ryokuji:20171027055014j:plain

渡邉美樹さんって

いろいろと悪い部分ばっかり

ピックアップされて

そこが定着しちゃってますけど、

f:id:ryokuji:20171027055900j:plain

総合的に見れば…功績、かなり

素晴らしいはずなので、

俺は結構 渡邉美樹さんを漠然と

リスペクトしてます…。

f:id:ryokuji:20171027054938j:plain

渡邉美樹さんって

手帳の使い方が独特で、

過ぎた日のブロックは

真っ黒に塗り潰すんです、確か。

f:id:ryokuji:20171027060001j:plain

そのアツさが最高ですよね。

やっぱ結果を残す人って

変なクセがあるんですな。

f:id:ryokuji:20171027055211j:plain

この学校、

問題を起こした生徒に対して

1~100枚の反省文を

書かせているみたいです。

で、

反省文を書き終えるまでは

授業に出席させない指導方針を

取っているんだとか。

f:id:ryokuji:20171027055931j:plain

嘘かガチかは不明ですが、

さすが渡邉美樹さん。

そうこなくっちゃ。

いや…むしろ

まだまだ手ぬるい!?

f:id:ryokuji:20171027055242j:plain

大人が理不尽な制限を設けるほどに!

権力者が幅を利かせるほどに!

子供は それを打ち破ろうと!

あの手この手で逆らう…!

f:id:ryokuji:20171027060100j:plain

そういった環境が

名キャラクターや

名シーンを生むんですよね!

f:id:ryokuji:20171027055320j:plain

ブラックうんぬん過労死うんぬんは

当然 良くないんですけども…

渡邉美樹さんみたいな

しゃかりきコロンブスが

もっと必要なんですよ。きっと。

f:id:ryokuji:20171027055348j:plain

先日、

郁文館夢学園の文化祭に

行ってまいりました。

f:id:ryokuji:20171027055413j:plain

この学校の文化祭に足を運んだのは

二度目。

昨年が初めてでして…。

f:id:ryokuji:20171027055436j:plain

昨年は生徒1人1人が

挨拶をしてくれたり

話しかけたりしてくれました。

f:id:ryokuji:20171027060147j:plain

催しも他校の文化祭より

気合いが入ってて

楽しめたので、

f:id:ryokuji:20171027060212j:plain

味をしめて

また行ってみたっつうワケです。

f:id:ryokuji:20171027055503j:plain

結果は…

なんと言うか…

非常に申し上げにくいのですが、

はっきり言って

昨年よりか だいぶ

何か足りてない感じでした。

 

それでも他校よりは多分

文化祭の質 高めなんですけどね。

f:id:ryokuji:20171027055532j:plain

挨拶も気合いの入った催しも

影を潜め、

f:id:ryokuji:20171027060248j:plain

「え!?これ去年と同じ学校!?」

と驚いてた来場者もいた始末…

f:id:ryokuji:20171027055601j:plain

でも一応

話しかけてきてくれた女子学生さんが

いたので、

f:id:ryokuji:20171027060315j:plain

「なんか…去年と雰囲気

 違いますね。」

と聞いてみたんですよ。

 

その時の会話は こんな感じです。

 

「ははは…雰囲気…ダレてますよね

 来場者も少ないし…。」

 

「どうして こうなったんです?

 

「昔は良かったんですけど

 徐々に文化祭の質が低下して

 今年は ついに一線を越えました

 

 昔は男子生徒が多くて、

 それに比例して

 ヤンチャな催しが多く、

 それを少数の女子が

 ブレーキ役になって

 結果 良い文化祭に

 なっていたんです。

 

 けど年々 女子生徒が増え、

 慎重派の女子達が文化祭を

 仕切らざるを得なくなって

 バランスが崩れてしまった。

 

 そして 今年 崩壊した。

 

 これが個人的な見解です。

 

 さて…どうしたモンですかね。」

 

「渡邉美樹さんに相談すれば

 良いのでは?」

 

「あ…今日も歩いてたので

 相談すれば良かったかな。」

 

「今日も歩いてた!?

 この校内を!?」

 

「はい…主に午前中

 学校に来られます。」

 

「マジか~!

 見たかったな~。」

f:id:ryokuji:20171027055650j:plain

そんなこんなで何やら

寂しい結果になってしまいましたが、

f:id:ryokuji:20171027055719j:plain

昨年 触れて感動したカメは居て、

今年も触れられたので…

f:id:ryokuji:20171027055753j:plain

それはメッチャ嬉しかったです。

f:id:ryokuji:20171027055820j:plain

あと、

『この手のポスターまだ あったのか!』

と嬉しくなりましたね~。 ↓

f:id:ryokuji:20171027062428j:plain

さて、ここからは腕時計の話。

f:id:ryokuji:20171027060358j:plain

セイコーが1983年に

【世界初の録音再生機能付き腕時計】

として発売したボイスノート。

f:id:ryokuji:20171027060420j:plain

正式名称は

Voice Note M516-4009。

f:id:ryokuji:20171027061607j:plain

高音質だと4秒間

普通音質だと8秒間録音。

f:id:ryokuji:20171027060517j:plain

自分は

自分の声でヒワイな4文字の言葉を

吹き込んでます。

で、それを たまに聴いては

『でも…これ消去したら負けじゃね?』

と よく わからない謎の感覚に

陥ってます。

f:id:ryokuji:20171027060551j:plain

世界初の機能ってのも

魅力的なんですけどね…

最大の魅力は なんと言っても

そのデザイン性。

f:id:ryokuji:20171027060858j:plain

フロントにステンレスパネル…

f:id:ryokuji:20171027060643j:plain

そこに大きなツインデカボタン…

f:id:ryokuji:20171027060712j:plain

ムキダシのネジ…

f:id:ryokuji:20171027060734j:plain

スピーカーの存在感…

f:id:ryokuji:20171027060750j:plain

配色…

f:id:ryokuji:20171027060841j:plain
フォント…

f:id:ryokuji:20171027060812j:plain
んでもって左右非対称のベルト…

f:id:ryokuji:20171027060619j:plain

うしろも こんな感じ。 ↓

f:id:ryokuji:20171027061438j:plain

く~!!

f:id:ryokuji:20171027061530j:plain

はい もう どれをとっても、

時を経ても

斬新で たまりません。

物欲 物欲 物欲 物欲!!!!

f:id:ryokuji:20171027061351j:plain

発売当初の価格は不明です…

さんざん調べたんですけどね。

f:id:ryokuji:20171027061708j:plain

2017年現在ですと

国内のオークションサイトは

4~7万、

 

海外のオークションサイトは

10万~15万かな…と。

f:id:ryokuji:20171027062221j:plain

もちろん状態にもよります。

ボイスノートって ほんと

良い状態のが

出品されないんですよ…。

f:id:ryokuji:20171027061726j:plain

ナゼか

純正のベルトではないのが

ネットオークションに顔を出すんです。

それですと

国内で1万~3万といった

相場ですかね…魅力大幅減なので。

 

個数が少ないので…

状態が良いのが少ないのは…

もったいない話です…

 

とか言ってみたりする。

f:id:ryokuji:20171027061957j:plain

ちょっと

海外のオークションサイトを

覗いてみたら

箱付・説明書付きの素晴らしい状態のが

27万でした。

f:id:ryokuji:20171027062022p:plain

これは高過ぎでは…。

そもそも本当に純正の箱かな…。

調べようがないから困る。

つまり、なんつうか…ください!

f:id:ryokuji:20171027062059j:plain

過去に大ブレイクした

ゴーストバスターズ(Ghostbusters)

って映画あったじゃないですか。

f:id:ryokuji:20171027062130j:plain

その劇中で使用されたってのも…

f:id:ryokuji:20171027062151j:plain

この腕時計のプレミア度に

拍車をかけてるんですよね。

f:id:ryokuji:20171027062203j:plain

ボイスノートはですね…

レトロウォッチが好きな人にとって

「これ持ってないと始まらない!」

って存在なんだそうです。

ボイスノートの無い

レトロウォッチコレクション…

もう それ、たとえるなら

シドの死んだピストルズ…

マグロの無い回転寿司…

そんな感じっすかね。

 

そういった事情が

わかってきた矢先に

ボイスノートを奇跡的に格安で

手に入れられた時の あの感動…

今でも忘れられません。

 

じゃ~まぁ今回はこんな感じで。

ではでは。