29:Lottowatch WL703×関口地区

あ~!ピンボケ気味…↓ もうイイや。

f:id:ryokuji:20180525223038j:plain

今回は、ロトウォッチなる

これまた奇妙な腕時計を ご紹介。

機能をザックリ言うと、

「ロトで どの番号にしようか迷ったら

 ポチっと押せば勝手に数字を表示!」

という腕時計です。

 

これ ↓ で一目瞭然。

www.youtube.comUP主のコメントを読むと、

《日本製のような精巧な造り…

 だがメイドインホンコン!》

と記されてますね。…けど

アジアでは見ない腕時計です。

 

欧州で流通してた模様。

 

調べても情報が乏しく

まだ謎だらけな腕時計ですが、

1980年代に何かのノベルティとして

作られた可能性大。

 

海外オークションサイトを見る限り

そのデザイン性からか

結構な人気でして、

出品すりゃ売れてる状態です。

f:id:ryokuji:20180525224227p:plain

現在だと14000円ってとこっすか…

自分が購入した当時と

あんま金額に変動が無い…かな?

 

自分は4年ほど前

相場より割りと安いのを

ドイツのセラーさんから

入手いたしました。

f:id:ryokuji:20180717040245j:plain

安かったのには当然 理由があります。

「電池交換してない。

 動くか どうか不明。

という条件

f:id:ryokuji:20180717040544j:plain

なので届いた時は、

『電池を入れたら蘇るか!?』

とハラハラワクワクしてたんですが

素人には開けられない感じの裏蓋で

電池交換は断念。で、ソッコーで萎えて

そのまま引き出しの奥に しまって…

4年ほど存在を忘れてました。

 

が…

 

最近 ボートレース関連の

お仕事を頂けるようになり、

f:id:ryokuji:20180717075606j:plain

舟券を買う機会が増えましたので

f:id:ryokuji:20180717075617p:plain

『そうだ、あのロトウォッチに

 数字を出してもらおう!』と

f:id:ryokuji:20180717075611p:plain

よ~やく電池交換を決意したワケです。

数字49まであるんで

舟券の購入時は、導き出された数字を

ちょっとアレンジすりゃ使えるな…と。

 

簡単な電池交換なら

ある程度の専用工具は揃えてるんで

自分で出来るんですが、

難しい時は毎度ヨドバシアキバで

交換してもらってます。

 

スタッフの礼儀は良さげだし

技術も確かくさいし

基本 電池代コミで500円と格安ですし、

ポイントも貯まるんで。

 

でもルーティーンは

つまらないって気もしてたので、

『たまにゃ町の腕時計屋さんで

 電池交換してみよ!』と。

 

んでもってロトウォッチ片手に

向かった先は、

f:id:ryokuji:20180717040749j:plain

関口地区。

 

ネットで調べたら ここら辺に数件

腕時計店があったので

行ってみました。

 

関口地区は

1~3丁目まであるんですが…

2と3は ほぼ丘の上、1は丘の下でして

上と下では全然ムードが異なります。

f:id:ryokuji:20180717041255j:plain

関口1丁目は雑多な感じ。

個人経営の印刷所が点在。

f:id:ryokuji:20180717041441j:plain

マンションもモリモリっと。

f:id:ryokuji:20180717060833j:plain

裏路地も多く…混沌としてます。

f:id:ryokuji:20180717060913j:plain

なんだか淋しげ。

f:id:ryokuji:20180717062137j:plain

文京区で唯一

神田川を越えた場所にある地区なので

文京区というより新宿区っぽい印象。

f:id:ryokuji:20180717060939j:plain

「巣鴨の?」と

勘違いしそうなネーミングの

地蔵通りっつ~商店街が

このゴチャっとした土地の

背骨の役割を果たしているようです。

f:id:ryokuji:20180717053919j:plain

大通りに面した商店街の入り口には

↓ 子育地蔵尊なるブツが…これが

この商店街のシンボル…かな?

f:id:ryokuji:20180717054219j:plain

子供がセットってのが

この地蔵の特異性だろうに

その子供の顔面を隠すとは…。 ↓ 

f:id:ryokuji:20180717054221j:plain

その地蔵尊の横に いきなり

腕時計店 ↓ がありましたので、

入店してみました。

 

ところが店主に

「電池交換は1000円です。

 特殊な腕時計ですので

 2000円するかも知れません。」

と言われ愕然。俺的には高い!

 

f:id:ryokuji:20180717054210j:plain

そこで失礼ながら一旦その店を出て、

商店街の奥にある もう一件にGO。 ↓

f:id:ryokuji:20180717054946j:plain

いや~…この看板 最高。  ↓

ほおずりしたくなる。

f:id:ryokuji:20180717055518j:plain

こちらは電池交換2000円~でしたので、

『さっきの店なら

 もしかしたら1000円で済むかも』と

結局 先ほどの店までムーンウォーク。

f:id:ryokuji:20180717055839j:plain

結果、1000円で電池交換

出来ました。

f:id:ryokuji:20180717055828j:plain

さすがプロ…あの聞き分けの無い

裏蓋を なんなく開けてました。

 

そして

f:id:ryokuji:20180717060057j:plain

完動でした!

(完動してる写真

 先にUpしてるんでアレですけど)

時刻合わせとかもパパッと

こなす店主を見て、ホレボレ。

f:id:ryokuji:20180717060249j:plain

店を出て、あらためて日光の下で

完動のロトウォッチを眺める…。

 

カッコ良すぎる…。

 

この、カレンダーっぽく見せて

全然 違うトコロとか。

f:id:ryokuji:20180717060546j:plain

腕に装着してみたものの、

ウォーキングの格好には

あまり似合わず…。

f:id:ryokuji:20180717061553j:plain

撮影時 梅雨の貴重な晴れ間だった

ってのもあり、完動の喜びもあり、

もっと歩こうという気分に。

f:id:ryokuji:20180717061757j:plain

韓国人カップル。 ↑

なんか多いな ここら辺。

そっち系の学校でもあるんだろうか。

f:id:ryokuji:20180717062257j:plain

↑ お、何やら関口地区についての説明が…。

f:id:ryokuji:20180717062400j:plain

って…関口という名になった経緯は

教えてくれないのか。まぁいいや。

f:id:ryokuji:20180717062706j:plain

↑ 本屋。

↓…の奥の謎のレトロスペース。

f:id:ryokuji:20180717062737j:plain

この空間、素敵。

俺 浮浪者になったら ここ住も。

f:id:ryokuji:20180717062907j:plain

あ~カッコイイ。あ~カッコイイ。

いっぱいちゅき。

f:id:ryokuji:20180717062913j:plain

で、なんやかんやで首都高に向かい…

f:id:ryokuji:20180717062539j:plain

関口2丁目に。

f:id:ryokuji:20180717063252j:plain

首都高と神田川に挟まれながら橋を渡り…

f:id:ryokuji:20180717063412j:plain

緑道に到着。

f:id:ryokuji:20180717063418j:plain

振り向くと こんな感じ。 ↑

f:id:ryokuji:20180717063517j:plain

そして橋の名前に目が行く。

『まさか一休さんで おなじみの

 あの橋が ここ?』

f:id:ryokuji:20180717063415j:plain

と、気になってはみたものの

面倒なのでググるのはヤメて

緑道をテクテク。

f:id:ryokuji:20180717063747j:plain

ドイツから来たロトウォッチタソに

日本の都会と自然を たっぷり

OMIMAIしてあげるという優しさ。

f:id:ryokuji:20180717063757j:plain

↓ 横からだと こんな感じ。

  あれ?蓋ちょっと曲がってね?www

f:id:ryokuji:20180717064038j:plain

元から こんなんだっけ?もうイイか。

俺は小さいトラブルなど全く気にしない

器のデカさを持つ男だ…

俺は小さいトラブルなど全く気にしない

器のデカさを持つ男だ…

と己に言い聞かせながら

関口2丁目の、丘の上を目指し…

f:id:ryokuji:20180717064227j:plain

小石を蹴飛ばしながら登る。

f:id:ryokuji:20180717064317j:plain

途中、程よく寂れた手すりを見つけたので

f:id:ryokuji:20180717064417j:plain

ここでも一枚。

f:id:ryokuji:20180717064704j:plain

坂を登りきって もう一枚。

f:id:ryokuji:20180717064750j:plain

さて、同じ関口地区でも

下界の1丁目と比べて どうでしょう。

f:id:ryokuji:20180717064838j:plain

高級感だと…

f:id:ryokuji:20180717064836j:plain

2と3丁目の圧勝ですね。

f:id:ryokuji:20180717064839j:plain

丘の上だからなのか風が乾いてて

気持ちイイし、

f:id:ryokuji:20180717064844j:plain

首都高が下なので空気も

1丁目よりかは良いほうです。

f:id:ryokuji:20180717064851j:plain

閑静で…

f:id:ryokuji:20180717064849j:plain

交通量も少なく…

f:id:ryokuji:20180717064856j:plain

申し分ない感じですね。

f:id:ryokuji:20180717064857j:plain

ただ…駅が遠く、

たいしてスーパーも無いので…

f:id:ryokuji:20180717064900j:plain

住み易さでいったら1丁目でしょうね。

1丁目は

なんと言っても神楽坂に面してますから、

そこが強みでしょうね。

f:id:ryokuji:20180717065152j:plain

↑ ハブられ気味の1丁目。

f:id:ryokuji:20180717070031j:plain

以前このブログで紹介した

目白台ハウス。 ↓

f:id:ryokuji:20180717070028j:plain

相変わらず最高だよ、このハゲ。

f:id:ryokuji:20180717070134j:plain

嗚呼…ここに住みたいのぅ…。

ZOZOタウンの社長あたりが

いきなり「神の お告げ」とか

ワケのワカラン理由で俺に

ポンと1億くれないかなぁ。

f:id:ryokuji:20180717070208j:plain

疲れたので休憩しつつ…

f:id:ryokuji:20180717070353j:plain

関口地区の象徴的建造物

カトリック関口教会に到着。

ここも以前このブログで紹介してます。

f:id:ryokuji:20180717070518j:plain

もう ここがゴールみたいなモンっすね。

冷房も効いてて、

散々 休憩しまくっちゃいましたわ。

f:id:ryokuji:20180717070825j:plain

ここの何が良いって…

トイレが最高なんです。

《清潔感》《レトロさ》

ってっぽいんですが、

ちゃんと両立してるあたりが凄い。

 

このトイレを越えるトイレとは

なかなか巡り合えないでしょう。

あと

この色が好きっすね。

f:id:ryokuji:20180717071134j:plain

あと変に模様やイラストが無いのも

良いっすね。

f:id:ryokuji:20180717070710j:plain

話は変わって最後に

漫画活動の近況報告ですが…

今いろいろと動いてます

 

大きめの報告が3~4つ

控えてるんですが、どれも まだ

公表が出来るタイミングではないので

有言実行派の自分としては

もどかしくも今の内コツコツ

頑張らないとなってな状態です。

 

では。