gtag('config', 'UA-148369587-1');

俳句トゥザフューチャー

俳句トゥ ザ フューチャー (芳文社コミックス) | 吉沢緑時 | マンガ | Kindleストア | Amazon

【ざんねんなこ、のんちゃん。】

【やまちち】

秋田書店での この2作の出来を評価し

お声がけ下さった編集さんが

2名いました。

1人は双葉社の編集さんで、

もう1人は芳文社の編集さん。

 

双葉社の編集さんとは

【受付の白雪さん】を連載化、

 

それから少し遅れて

芳文社の担当さんと

不定期掲載化に持っていけた作品が

【俳句トゥザフューチャー】でした。

f:id:ryokuji:20210408141538p:plain

俳句トゥ ザ フューチャー:試し読み | 一週間をユカイに生きる!・週刊漫画TIMES

当時 芳文社の週刊漫画TIMESでは

信長のシェフっていう

現代の料理人が過去にタイムスリップする

という内容の漫画が人気(今でも人気)で、

そのコメディ版を…との

編集長からの指令があっただかなんだかで

松尾芭蕉が現代に…といった

トンチキな作品が爆誕しました。

 

もう何年前の話でしょうかね…

あの頃は まだ

『絵なんて どうでも良い!構成だ!』

と一丁前に考えちゃってたので、

下描きもせず

いきなりペン入れしてました。

 

ロックですね。

 

もっと読者へのサービス精神だったり

絵が上手と思われたい気持ちが強かったら

何かと良かった…はず。

 

ここは素直に反省。

 俳句トゥ ザ フューチャーのレビュー/評価 | コミックナビ

数か月に一度と言う超絶不定期掲載だった

俳句トゥザフューチャー

ある時 急遽 何週か連続掲載が決まり、

短期間とはいえ週刊連載なんて

もう全く未体験の上

イメトレすらして無かったので

ロックだった絵が更にガタガタになって…

あれには参りましたなぁ…

 

という思い出。

 

ただ それ以上に参ったのは

漫画業界の世知辛さですね。

 

話数が溜まり

単巻で刊行されたんですが…

 

年末だったかな年始だったかな

浅草寺を お参りしてた際に

担当さんから着信があって、

「売れなかった」と。

 

「ほな さいなら」って感じで。

 それから その編集さんとは

パッタ

 COMIC FUZ|俳句トゥ ザ フューチャー - 吉沢緑時 - 映像化作品などのバラエティ豊かなマンガが読める芳文社公式

そういった世界だってのは

解ってはいたつもりでしたが、

(まぁ漫画業界だけじゃないか)

実際に味わうと悲しいものでした。

 

そこで

「じゃ~世間にウケる

 売れる漫画を

 描いてチヤホヤされたらぁ!」

とか思えてたら

また違ってたかも知れませんね。