07:ElectronicPiano×都立工芸高校

f:id:ryokuji:20161117215434j:plain

文京区は《文教地区》と

言われているだけあって、

いろんなタイプの学校があります。

 

もう毎年10月~11月は

散歩がてらに文化祭 行きまくり、です。

 

《郁文館夢学園》と

《都立工芸高等学校》の

2校が…文化祭のレベル、高めです。

って言うか高過ぎです。

 

《郁文館夢学園》は

《展示物のクオリィティ》が

どうこうって言うより、

《学生が積極的に話しかけてくる点》が

好印象です。

こんなヘチャムクレにも

挨拶…ちゃんとしてきてくれますし。

 

なんか校長先生的なポジションに

あのワタミの社長が君臨しているらしくて、

学生さんの話だと…ワタミの社長が

経営(?)している学校みたいですね。

よく顔を出すんだとか。

 

今回 紹介するのは

《郁文館夢学園》ではなく

都立工芸高等学校》の文化祭。

f:id:ryokuji:20161117231605j:plain

《郁文館夢学園》ほどの

《接客力》は無いんですが

…とにかく《展示物のクオリティ》が高い。

 

どれも これも秀逸…そんな展示物が

校内を埋め尽くしているんです。

 

全てを見せたいくらいなんですが…

その中でもピンときたのをアップします。

f:id:ryokuji:20161117231654j:plain

↑ 配色が好き ↓

f:id:ryokuji:20161117231714j:plain

↑ 自分に漫画家としての権限があったら

単行本の装丁は こんな感じで通したい。

 

↓ あ~…《日常の不思議》って良いですよね。

f:id:ryokuji:20161117231821j:plain

名刺の重要性…

最近 強く感じています。今更。 ↓ 

f:id:ryokuji:20161117231824j:plain

↓ こういう破壊的な作品が唐突に入るのも◎。

f:id:ryokuji:20161117231834j:plain

↓ こんな真面目な中に「にょーん」。

f:id:ryokuji:20161117231838j:plain

↓ 今のコって…。

f:id:ryokuji:20161117231840j:plain

こんなCDケース…

もう興味ないのかと思ってた。まぁ課題か。 ↓ 

f:id:ryokuji:20161117231841j:plain

↓ こういうの…苦手でしたね、自分は。

f:id:ryokuji:20161117231843j:plain

↓ ホラー。

f:id:ryokuji:20161118002909j:plain

生徒も凄いけど教育者も凄いわ。

全体のレベルを こんな風に押し上げて…。 ↓ 

f:id:ryokuji:20161118002904j:plain

で、こんな脱力系の

箸置き作品も用意して。 ↓ 

f:id:ryokuji:20161118002906j:plain

ん?…本当に箸置き?

 

↓ ハンダとか懐かしいなぁ。

f:id:ryokuji:20161118002903j:plain

中学ん時…技術の男性教師が宮沢りえの

サンタフェっつうヌード写真集を机の上に

置いといたら盗まれたらしく…キレてたなぁ。

 

↓ この昭和なセンス…好きです。

f:id:ryokuji:20161117231844j:plain

水道橋の景色と総武線に溶け込む

樹脂製のペーパーウェイト…。

アートですね~。 ↓ 

f:id:ryokuji:20161117231858j:plain

↓ 凄いけど…作っていて面白いのか これ。

f:id:ryokuji:20161117231859j:plain

職業病ですかね。逆に もうパースの違った

こういう味のある絵が描けない…気が。 ↓ 

f:id:ryokuji:20161117231909j:plain

↓ お…俺が よく言われる台詞。

f:id:ryokuji:20161117231911j:plain

↓ この作品がマイベスト。

f:id:ryokuji:20161117231916j:plain

 

f:id:ryokuji:20161117231918j:plain

人生でテープカッターを作る機会は

一度として訪れないだろう…。 ↓ 

f:id:ryokuji:20161117231928j:plain

人生で回転体を作る機会は

一度として訪れないだろう…。 ↓  

f:id:ryokuji:20161117231929j:plain

って回転体とは一体…。

 

↓ あれかな…喫茶店のカランコロンかな。

f:id:ryokuji:20161117231938j:plain

よく作れるな…こんなの。

f:id:ryokuji:20161117231947j:plain

↓ なんだろ。俺の青春時代の広告みたいで好き。

f:id:ryokuji:20161117231958j:plain

↓ うわ…細かい…が…そこが好き。

f:id:ryokuji:20161117232000j:plain

↓ こ~ゆ~の漫画製作に使えそう…。

f:id:ryokuji:20161117232001j:plain

↓ 全部 上手いって なんなの?

f:id:ryokuji:20161117232005j:plain

神輿まで作るとは…。

本来なら屋根のカーブの部分でクオリティが

落ちそうなもんなんだろうけど。 ↓ 

f:id:ryokuji:20161117232002j:plain

どういう状況なんだろ…

とにかくアホくさくて好き。

伊豆のほうにありそう。 ↓ 

f:id:ryokuji:20161117232006j:plain

↓ 一点透視…?二点じゃなくて…?

f:id:ryokuji:20161117232034j:plain

…ああ…なるほどね…わからん!

f:id:ryokuji:20161117232035j:plain

↓ 囚人も脱帽レベル。

f:id:ryokuji:20161117232042j:plain

↓ 《着彩》って なんなんだろ?

f:id:ryokuji:20161117232057j:plain

↓ どんなテンションで描いてるんだろ。

f:id:ryokuji:20161117232109j:plain

カウベル?…なんなのかは謎だけど…

作品と作品名と作者名のバランスが好き。 ↓ 

f:id:ryokuji:20161117232110j:plain

《欲しいけど なかなか購入にいたらない》

で お馴染みの間接照明も…これなら買うかも。 ↓ 

f:id:ryokuji:20161117232112j:plain

↓ フリスク入れるのも良さげ。

f:id:ryokuji:20161117232111j:plain

↓ 本当…文化祭の域 越えてません?

f:id:ryokuji:20161117232114j:plain

↓ これも…。

f:id:ryokuji:20161117232129j:plain

↓ これも…。

f:id:ryokuji:20161117232150j:plain

↓ これも…。

f:id:ryokuji:20161117232151j:plain

↓ これも…。

f:id:ryokuji:20161117232153j:plain

↓ これも…。

f:id:ryokuji:20161117232152j:plain

↓ これも…。

f:id:ryokuji:20161118002745j:plain

↓ これも…。

f:id:ryokuji:20161118002804j:plain

↓ これも…。

f:id:ryokuji:20161118002759j:plain

↓ これも…。

f:id:ryokuji:20161118002815j:plain

↓ これも…。

f:id:ryokuji:20161118002817j:plain

立体造形物になると更に凄みが増す…

そんな印象を受けました。

 

こういったクオリティの高い展示物を

ガシガシ作れるだけの環境が…

当然 整っていて…

そこも見所なんですよ。 ↓

f:id:ryokuji:20161118002241j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118002244j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118002843j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118002257j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118004042j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118002302j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118002446j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118002304j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118002336j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118002628j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118002338j:plain

展示物だけでなく…装飾も気合いが入ってて

好感が持てましたね…キリッ! ↓

f:id:ryokuji:20161118000114j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118000116j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118000120j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118000123j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118004550j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118002549j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118002551j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118002606j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118000128j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118000131j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118000130j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118000135j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118000137j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118000145j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118000152j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118000208j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118001949j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118002000j:plain

↓ ここのトイレ嫌い…段差で つまづいた。

f:id:ryokuji:20161118004358j:plain

段差エグ過ぎ。常軌を逸してる。 ↑

俺の足の短さをナメないで頂きたい。

下の銀の部分までがドアだと錯覚させおって。

f:id:ryokuji:20161118002010j:plain

 

f:id:ryokuji:20161118001936j:plain

気合い入ってますよね。 ↑

文化祭中もロッカーが使用できるように

貼るとか。

 

中央大学理工学部の文化祭だと

貼ってるモノは こんな感じ。 ↓ 

f:id:ryokuji:20161118003820p:plain

↑ 普通は これくらいで充分ってもんです。

…にしてもチームゲイって。

f:id:ryokuji:20161118004828j:plain

さて…ここからはレトロウォッチの紹介。

f:id:ryokuji:20161118004844j:plain

《Electronic Piano Watch》。

f:id:ryokuji:20161118004928j:plain

《ピアノウォッチ》…です。

 

この手のレトロウォッチを紹介する書籍に

必ずと言って良いほど登場する、

だいぶパンチの効いた腕時計なんですけど…

f:id:ryokuji:20161118004951j:plain

いまいち…いや ほとんど

その詳細が不明なんです。

f:id:ryokuji:20161118005015j:plain

例えるならメガマウス…ですかね。

たまに発見されて、その異形から

サメマニアの人気も上々だけど…

その生態は全くのナゾ…と言った感じ…。

f:id:ryokuji:20161118005024j:plain

自分の所有している

レトロウォッチの図鑑には、

 

1987年に

香港のマモナエンタープライズ社が発売した、

ドレミファソラシドが弾ける世界初の

リストウォッチ

 

…と書かれてます。

f:id:ryokuji:20161118005044j:plain

でも検索かけてもマモナエンタープライズ

なんて会社、全くヒットしないんですよね。

どうなってんだろ。

f:id:ryokuji:20161118005057j:plain

自分は ↓ このモデルに惚れて…

f:id:ryokuji:20161117223252j:plain

↑ 何年も何年も こいつを探したんですけど…

まぁ見つからない。

f:id:ryokuji:20161117223413j:plain

↑ これなんかも普段使いがギリ可能そうで

欲しかったんですけどね…発見できず。

 

他にも種類が在るようです。 ↓ 

f:id:ryokuji:20161117223614j:plain

 

f:id:ryokuji:20161117223623j:plain

 

f:id:ryokuji:20161117223720j:plain

 

f:id:ryokuji:20161117223734j:plain

↓ 箱は こんな具合…。

f:id:ryokuji:20161117223632j:plain

 

f:id:ryokuji:20161117223804j:plain

う~ん…こうして見ると…

自分の所有しているコイツは ↓

f:id:ryokuji:20161117223919j:plain

他のと比べると…配色 然り…

デザイン性が少し劣ってしまっているように

感じますね。

f:id:ryokuji:20161118005200j:plain

普段は『少しでも悩むようなモノは購入しない』

って信条を通せてた自分も、これを落札する時は

悩みました。

f:id:ryokuji:20161117224239j:plain

 だって… ↑  デザイン性うんぬん以前に

「裏蓋(うらぶた)が無い」とかセラーがコメントしてたから。

f:id:ryokuji:20161118005227j:plain

ただ「音は出る」ってコメントがあって…

f:id:ryokuji:20161118005314j:plain

『音を聴いてみたい!』と思ってはいたので

落札に至ったワケですけども。

 

裏蓋が無いぶん格安でしたし。

 

《ピアノウォッチ》自体がレアですから

別のモデルが どうこうとか

言ってられなかったってゆうか。

f:id:ryokuji:20161118005440j:plain

あ…音…出ましたよ。良い音です。

悲しい音。形容しがたいんですけど…

《もがり》って言うんでしたっけ?

森の中で聞く、木々を こするように

流れる北風の音みたいな。

 

ピョー♪

 

って。

f:id:ryokuji:20161118005605j:plain

これ、米国人から落札したんですが、

とにかく届くのが遅くて…

セラーと幾度と無くヤリトリしてたんですね…

そしたら驚愕の事実が判明して…。

なんでも…

 

「裏蓋は掃除機が吸い込んでしまった。」

「見つかったら届ける。」

 

って…

 

どんだけガサツ&ズボラなんだよ。

掃除機 開けりゃ済む話だろうが。

それとも何?アメリカンジョークなの?

百歩譲っても つまんね~よコノヤロー。

f:id:ryokuji:20161118005640j:plain

そもそもUSPS(アメリカ合衆国郵便公社)

使ってんじゃねーよ。って言うね…。

このUSPSは とにかく配送が遅いんです。

あ~も~思い出しただけでイライラする…

f:id:ryokuji:20161118021912p:plain

 

とにもかくにも

悪評まみれの会社なんですよ。

だからって

「USPSはヤメて。」と伝えたところで

「HAHAHA~!送っちまったぜボーイ!」

って展開になるんだろうし。

本当…文化の違いって恐ろしい。

f:id:ryokuji:20161118005628j:plain

以上。ピョー♪